MaruPoo Life マルプー犬モカ

マルチーズとトイプードルのミックス・マルプー登山犬が今日も行く

ワンコ避妊手術を受ける|準備とやること、気を付けること

f:id:KG555:20180622165436j:plain

マルプーモカちゃん、生後6ヵ月にして避妊手術を受けました。

手術をうけるまでのこと、受けるときのこと。

避妊手術を受けさせる可否について

はじめは避妊手術なんてうけなくてもいいって思っていました。

調べてみると、手術自体にも全身麻酔を使うなど、子犬にとってはリスクがあることもわかりました。

ただ、本来野生に生活しているべき犬ですが、お座敷でのライフスタイルの場合、避妊していないと、かなり犬にとってもストレスがかかる生活というのもありました。

で、結局、モカはこの先、なるべく心地よく過ごせるように、手術をうけることにしました。

隣町に評判の高い動物病院を見つけたのも決め手となり、ここで予約をしました。

避妊手術を受けるまで

手術は、メスの場合1泊、オスの場合は日帰りとなるようです。

モカはメスなので1泊。

人間と同じで、初めに病院で検査を受けに行きました。

その時に、手術の日を決めます(予約も多く1-2ヵ月先でした)

で、次に、手術前に、ワンコと一緒に動物病院に説明を聞きに行きました。

その病院では、かなり事細かく説明してくれました。

麻酔の事、食事のこと、手術では子宮だけでなく卵巣を摘出すること(その必要性)、術後のケアなど。

 

手術の日は前日夜から食事はとらせず、水のみです。

午前中に預けて、夕方には手術が終わり、携帯に連絡をいれてくれました。

手術費用とマイクロチップ

手術費用は3万円弱でしたが、検査など費用とマイクロチップの埋め込み登録費用も併せて5万円ほどとなっています。

マイクロチップは、避妊手術のときの麻酔を利用して、ついでにやってしまったほうが負担も少ないようです。

マイクロチップも、スマホなどで確認できるとかなら便利なのですが、保健所や特定の動物病院でしかあつかってないスキャナーでないと犬の個別情報はわからないようです。

しかし、先日の大阪地震で飼い猫行方不明などのツイッター情報をみていたので、一応マイクロチップもお願いすることにしました。

この先10年、なにがあるかわからないですもんね。

マイクロチップの情報はこちら

環境省_マイクロチップをいれていますか? [動物の愛護と適切な管理]

エリザベスカラーなモカに変身

f:id:KG555:20180622170557j:plain

翌日の午前中にモカを引き取りにいきました。

これw、エリザベスカラーっていうのはこのことだったのねw

麻酔明けなので、元気なものの、暴れる様子もないモカちゃん。

おとなしくしていたようです。

f:id:KG555:20180622171538j:plain

縫ったところの抜糸するまでの2週間くらいは、エリザベスカラーをつけてないといけません。

傷口をなめさせないためです。

これじゃぁ舐めれないわねw ちょっとかわいそうw

ワンコによっては、これが我慢できないようです。

で、気を付けなければいけないのは、激しい運動をさせないことです。

部屋もソファなどを撤去して、飛び乗ったりできないようにしました。

f:id:KG555:20180622172459j:plain

お腹の縫い目は2本、緩く縫ってあるそうです。

その下に3層くらいしっかり縫っているそうです。

意外に切り口小さいです。

 

f:id:KG555:20180622170929j:plain

摘出した子宮と卵巣もみせてくれました。

卵巣までとってしまったほうが良いアドバイスも受けています。

これはお持ち帰りできません(笑)

 

手術後のケアについて

手術後は抜糸するまでは、お散歩も控えます。

シャワーも禁止。

食事や飲水のときはカラーが邪魔になるから、食べさせ方なども工夫するアドバイスをうけました。

家はお椀でやってますから、少し高い台にお椀を置いて、カラーが床に付かないようにすること。

それから、同じドッグフードのヒルズで、避妊後用の物を購入したのですが、これも、術後に違うフードを食べさせるのではなく、抜糸後に徐々に変更したほうが良いようです。

ちなみに避妊後用というのは、少々カロリーを抑えてあるものだそうです。

 

とりあえず術後すぐの記事ですので、その後どうなったかはまた次回に^^

f:id:KG555:20180622171453j:plain