MaruPoo Life マルプー犬モカ

マルチーズとトイプードルのミックス・マルプー登山犬が今日も行く

子犬の生後4カ月までに用意・準備したことのすべて|何が必要だったかを記載してみます

f:id:KG555:20180409131313j:plain

マルプー・モカちゃん、生後4か月以上経ちました。

はじめて犬を飼うにあたって、何が必要でどんな準備したのか?

分からなかったことだらけでしたので、参考のため記してみます

子犬が生後4ヵ月になるまでにやったこと準備したこと

生後4ヵ月といっても、飼いはじめたのが五十数日目からとなりますので、だいたい2ヵ月ちょっとの間ですね。

子犬を飼う前~当日

移動用のキャリー(クレート)

これはまず、ブリーダーから引き取って自宅まで車で移動させるのに必要でした。

ケージ(犬の寝床)

必須ですね。これは自作しました↓

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net

サークルとペット用マット

f:id:KG555:20180409142310j:plain

サークルはすぐに必須だとわかりました。ケージの中だけでは狭すぎてストレスになります。サークルを作ってあげて、そのスペースでトイレを済ませるようにしました。なので、サークルの下に敷く防水マットも容易しなくてはなりません。サークルも自作しました。

 

犬のごはん 餌容器・水容器

 

犬のごはんと水飲み用。何でもよいのですが、専用の容器がいいです。すこし重くてひっくり返りにくいもの。犬は自分専用の器を覚えます。

犬の餌は、ブリーダーさんからもらったHILL'Sの~12ヵ月用のものを使い続けています。一度他のドッグフード(ロイヤルカナンなど)を試したのですが、HILL'Sのほうがうんちが臭くないです。

 

ドッグフードはドライのほうだけ食べさせています。はじめは、お湯につけてふやかして食べさせてあげていました。4ヵ月目には、動物病院のアドバイスを受けて徐々にお湯にいれずに硬いままでたべさせはじめています。

トイレトレーとシーツ

f:id:KG555:20180409131657j:plain

トイレトレーははじめプラスチック枠のものを買ったのですが、やり方がわるかったせいか、あまり使わなくなり、シリコンラバー製のマットにトイレシーツを敷いています。段差が少ないのと、取り換えが楽です。

 

 

トイレトレーニングがいちばんの難関ですが、はじめはケージ内にトレーを置いていましたが、狭すぎて、おしっこうんちまみれになるので、サークルを作ってからは、そこに置いています。何度も失敗した結果、サークル内にシーツを敷きまくって、徐々に減らして、いまではトレーの上でおしっこしてくれるようになってきました。

時々外しますけど(笑)

子犬が家に来てすぐ~数日中に必要になったもの

f:id:KG555:20180409140301j:plain

ペット用クッション

とりあえず寝床となるクッションは必須ですが、赤ちゃんの頃はうんちやおしっこまみれになるので、使い捨てで安いものをおすすめします。

 

ビニール・ペーパー・ウェットタオル

汚物処理用と犬のお尻や手足を拭く用です。

おしっこしたときはトイレットペーパーやペーパータオルのようなもの、足裏はウェットタオル等で拭き取ります。

 

ビニールはキッチン用の箱入りが安価です。

 

アルコール・消臭スプレー

 

これは犬に対してではなく、床やマットなどでおしっこ・うんちをやってしまったときに対処しています。

カーペットクリーナー

 f:id:KG555:20180409133312j:plain

これも我が家では必須アイテムです。絨毯が基本の部屋なので、おしっこやうんちをした場合は、このカーペットクリーナーさえあれば臭いもきにならなくてかなりきれいに掃除ができます。

参考記事

blog.xn--88jk1b3h2621awgsmct59ki4p.net

犬の噛み噛み用遊び道具

犬が噛みたがる理由にはいくつかあるのですが、いろいろおもちゃを買ってみて分かったのは、歯がかゆいために噛むアイテムは、ちょっと硬い材質(ラバーや木)のものがあったほうがよいです。噛み過ぎて誤飲してしまわないように注意

 

予防接種と狂犬病の注射と薬など|生後2~3ヵ月

予防接種

子犬を飼い始めたときに、1回目の予防接種はブリーダーさんのほうでやってもらっていました。

予防接種は2回で終わらせるパターンと3回で終わらせるパターンがあるようです。

接種も4種から9種までいくつかあるようです。

我が家では山に連れ歩くので2回目の予防接種は9種にしました。

そのほか、子犬を受け取ったときには、フィラリアの予防粉薬をもらってきていました。

フィラリア

フィラリアというのは蚊を感染源とする寄生虫なので、春~秋に月に1回程度の投薬が必要らしいです。地域によっては一年中??

フィラリア予防の薬は、飲み薬(粉・錠剤)と皮膚に垂らすタイプがあります。1回分@1000円程度

フィラリアの薬はネットでも手に入ります。

狂犬病

狂犬病の予防接種は必須で、市町村で定期的に行われています。

それを予定していたのですが、行けなくて動物病院に連れて行きました。いずれにしても、6500円(予防注射・狂犬病登録料など)がかかります。

ノミ・ダニ予防薬

病院につれていったときにノミ・ダニ予防の薬も処方してもらいました。室外犬ならともかく、室内犬はやっぱりノミ・ダニを持っているのは困りますね。背中に垂らすタイプで月に1回。@1500円

こちらもネットで購入可能です。調べてみると、処方されたものと同じものがアマゾンでも売っていました

 

予防接種後~お散歩デビュー

首輪とリード

これも必須ですね。狂犬病の予防接種を受けると、ネームとNOをもらえるのでそれを首輪に取り付けておきました。

誤飲してしまわないように注意

外に連れて行くと、植物や動物のフンなどなんでも食べようとします。とくに植物は犬には毒性の強いものもありますので、注意が必要です。動物のフンを食べようとするのは自然なことのようですが、うちの犬は、それが原因かはわかりませんが、サナダ虫がお腹の中に寄生していたのが発覚しました…

シャンプータオル

ちょっと外に出たくらいだとそれほど汚れていないようですが、花粉がついていたりしますので、そんなときは体ごと拭き取れるシャンプータオルを使うことにしています。

 

犬用のバスタブ&吸水タオル&シャンプー&リンス

f:id:KG555:20180409141135j:plain

室内といえど、トイレトレーニング中はおしっこ&うんちまみれになることが多く、犬も臭くなってしまいます。匂いが気になったら、思い切って丸洗いしてあげています。

バスタブは必要ないかなと思ったのですが、お湯につかるのは基本的には悪くないし、シャンプーしているときもじっとしてくれます。

シャンプーとリンスはセットですが、犬用の低刺激性のもの。 

 

それから、タオルはふつうの綿タオルでは犬の毛を拭くと何枚も必要になるので、吸水性が高いマイクロファイバーのものを使っています。

犬を洗ってあげた後はドライヤーで嫌がるのをなだめながら乾かしてあげて、ブラッシングをしてあげます。お散歩後などもノミダニ防止のためにもブラッシングは毎日したほうがいいようです。

 

犬のカット・トリミングについて

f:id:KG555:20180409135757j:plain

犬の毛のカットは予防接種と狂犬病の注射後2週間たたないと、引き受けてもらえないようなので、生後4ヵ月経っても、まだカットにいけていません。

もうモコモコになっててはやくカットしてあげたいのですが…

爪切り

爪も伸びてきたら、引っかかれて痛いです。病院で爪のカットだけやってもらえました。@500円。爪は切り方を教えてもらえれば専用の爪切りも売っていますので飼い主ができます。少々気を使います。

肛門腺処置

これは何かというと、肛門にたまったうんちを出してしまうことです。いちど病院でお願いしたらけっこう溜まっていました。@500円。トリマーでやってもらえるようですが、やり方を教えてもらえば自分でもできます。

 

今後必要になりそうなもの

歯磨き

犬も人間と同じように歯が抜けて入れ替わります。

その後は、しっかり歯磨きが必要のようですね。

 

 

 

また気がついたら追記します